FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れないだっこのコツ

 今度はだっこのコツについて書きましょう。
整体をしていると、育児でお疲れのお母さんが非常に多いことを実感します。

 その中でもお悩みのタネは、長時間のだっこ・・・。
赤ちゃんはだっこが好きですね。お母さんにしても、目に入れても痛くないほどかわいい赤ちゃんですから、いつでもだっこしてあげたい気持ちはいっぱいだと思いますが、疲れている時も、眠い時も、肩がこっているときも、腰が痛い時も、いつまでもだっこをせがまれるのは正直シンドイですよね。

 ウチの子も赤ん坊のときは、だっこが大好きでした。いや、甘えん坊なので小学校3年生のいまもだっこ好きかも・・・(^_^;)。

 ウチの甘えん坊の話はおいといて、そんなお母さんにこそ、このシンプルなカラダの使い方で少しでも楽になっていただけたらと思って今回は書いてみます。


 さて、だっこというのはやはり持久力と重さに対抗できる力の強さが必要なケースになります。ということは、第1法則(過去記事参照→カラダの使い方の法則1&2)を使えばよいということですよね。

 腕の筋肉の関節の外側で押すように力を入れます。こんな感じになります。
youdakko.jpg
なんで男性のフィギュアがお魚をだっこしているかは、深く追求しないでください。私の職場の整体院にはこんなものしか無かったのです(^_^;)。

 ちなみに第2法則第1法則(過去記事参照→カラダの使い方の法則1&2)の筋力(高速で瞬発力のある筋肉を使う)とこんな感じです。腕の筋肉の内側でだっこしています。
indakko.jpg


 実は普段から第2法則のやり方でだっこしている方が多いのではないでしょうか?
そのだっこはつかれやすいです。持久力がありません。ただ、とっさのときに赤ちゃんを落とさないように対応しやすい筋肉です。その必要があるときには、有効なだっこの仕方ともいえるでしょう。


うまくいかないときはこちらを試してみてください。(→クリック

 このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。ウチの甘えん坊からもお願いしますとのことです(^_^;)。
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。