スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力を抜く方法

 今回は、今までの流れとはちょっと違った方向から骨盤の使い方についてお話したいと思います。

 整体院に来られる方のほとんどは、日常生活のストレスやお仕事の疲れなどから、骨盤のバランスが崩れてしまっています。骨盤のアーチがうまく機能していない状態になっているのです。

 ところが、骨盤のアーチを作っていただこうとして理屈から入っても、実際は皆さんなかなか染みついてしまったお身体のクセが抜けずに、うまく骨盤を機能させることができません。

 そんな方には力を抜いてリラックスしてもらうところからはじめると、意外と簡単に皆さん骨盤のバランスを取り戻すことができます。ご自身でも気づいていない、知らず知らずにクセになっている余計な力を抜いていくと、カラダが自然なバランスを取り戻していくのです。というわけで、今日はカラダのクセを取り除いて、無駄な力を抜く方法についてお話してみましょう。


 肩が凝る。胃が痛い。疲れやすい。腰が痛いという方に、力を抜いてリラックスして座ってみてくださいとお願いすると、だいたい皆さんこんな座り方をされます。
背中だけのリラックス

 実はこの状態は、ご自身では気づいていないことがほとんどなのですが、リラックスしようとして、不自然な力が入っている状態なのです。そしてこの不自然な力が、肩が凝る。胃が痛い。疲れやすい。腰が痛いという症状の原因になっています。具体的には、こんな力が入っています。お腹などの筋肉を触診すると、緊張して硬くなっています。
バランスの悪いリラックスで入る力み
 この肩の力みが肩や背中に張りを作り、お腹をつぶすような体勢が内臓に負担をかけます。しかし、この姿勢では、この赤い矢印の力を抜くことはできません。抜くと背中側に倒れていってしまうからです。

 そして、これは立っている時にもあてはまります。こんな感じです。下腹も出てしまっています。
不自然なリラックス

この状態の時に入っている力みはこんな感じです。この力を抜いてしまうと後ろに倒れてしまうのでこの力を抜くことができません。
不自然なリラックス、立位での力み

 では、どうすれば本当の意味でリラックスした状態になることができるのでしょうか?自然なバランスで力を抜くことができるのでしょうか?


 TVなどでスポーツを見ていると、必ず最高のお手本を示してくれている場面を見ることができます。陸上競技なら、走る前にスタートラインのあたりに集まっている選手たち。サッカーならPKの笛が鳴る直前のキッカー。野球なら、ピッチャーが投げ始める前のバッターの様子。フィギュアスケートなら、自分の順番を待っている選手。ウサイン・ボルトでも、中村俊輔でも、イチローでも、浅田真央でも、誰を思い浮かべてもけっこうです。
 彼らは身体が硬くなるような緊張の時を迎える前に、それぞれがそれぞれのやり方で、身体をリラックスさせようとしています。共通しているのは、身体を動かしながら力を抜こうとしていること。身体のすべてのパーツがやわらかく動ける状態にあることこそが、バランスのとれたリラックスのコツなのです。

 スポーツの経験がある方は、自分の中でもっとも楽しめるスポーツをしている時をイメージして、実際に体を動かしてみてください。そのスポーツをしている時間のなかで、グラウンドや体育館、スケートリンク、スタートラインの前などに立っている自分になってみてください。そしてその状態のカラダの気持ちよさを感じてみてください。


 いかがですか?うまくいっていれば、筋肉のこわばりや骨格の張りなどの無い、リラックスした状態になっているのではないかと思います。

 その状態であれば、自然と骨盤の前側に体重がのっているはずです。そこが恥骨のアーチなのです。逆にいえば、そこにアーチができていなければ身体は動きません。(恥骨のアーチを使わずに仙骨側のアーチしか使わないと動かなくなります。)恥骨のアーチ構造の土台に軸がのっているからうまくリラックスすることができるのです。過去記事参照→骨盤の使い方~その2

 はじめに人形がやっていたリラックスの方法では、座っている時も立っている時も、骨盤の後ろ側(仙骨側)に体重がのっていたことが判りますか?この状態では恥骨のアーチができないのです。

 力がバランスよく抜けた状態でいることを意識していられれば、年をとって筋力が落ちても、いつまでもしゃんとした姿勢でいられます。骨格をうまく使っているので、筋力を必要以上に使わなくてもいいのです。
リラックスして立つ
リラックスしてすわる


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。よろしくお願いします(^_^;)。


 
 
スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

筋肉の繊維の方向について

はじめまして。私はCAでマッサージ師として働いています。
去年カリフォルニアマッサージライセンスを所得しました。
今相談したいことがあり、メールをしています。
私は筋肉の方向について知れたいです、なぜかというと筋肉をできるだけダメージをあたえずにできるマッサージを身につけたいからです。
よろしくお願いします。

Re: 筋肉の繊維の方向について

> はじめまして。私はCAでマッサージ師として働いています。
> 去年カリフォルニアマッサージライセンスを所得しました。
> 今相談したいことがあり、メールをしています。
> 私は筋肉の方向について知れたいです、なぜかというと筋肉をできるだけダメージをあたえずにできるマッサージを身につけたいからです。
> よろしくお願いします。

sachikoさん、コメントありがとうございます。
海外からコメントをいただけるなんてとてもうれしいです。

 さて筋肉の繊維の方向についてのご質問ですが、一口に筋肉といっても様々です。
マッサージしているとき自分がどの筋肉に触っているのかが判れば、筋繊維の方向は解剖学的に判断することができます。ライセンスをお取りになってから1年くらいだと、まだ自分がどの筋肉に触っているのかを判断するのは難しいかもしれませんが、経験を積むと次第にイメージできるようになります。

 また、筋肉がたとえパンパンに張っていても、カチコチにこっていても、そこを直接ほぐすべきではない場合も多いです。そんなときに無理にほぐそうとすると、筋肉にダメージがでてしまうかもしれません。そんなことはもうご存じかもしれませんが(^_^;)。

赤ちゃんの緊張をほぐすには

目からウロコです。
はじめまして、一児の母です。
凝った体がどうしたら楽になるかと
色々検索していてこちらに出会いました。

今まで気功やヨガをしてきましたが、いつも体の内側を意識してきました。呼吸もです。
これでいいのかと思いながも実践させていただき、今までとは全く違う体の感覚に驚いています。
とても呼吸が楽になりました。
体も軽く、勝手に意識していた肩と背中がどこかに消えてしまいました。

1歳半になる息子も体が緊張しているようで
歩くのが遅く体の使い方が下手なようです。
胸骨が硬いと言われました。
(2度の手術をしていて、術後は手を口に入れないよう肘を伸ばした状態で腕輪を半月ほどはめていました。
関係があるのか分りませんが)
力を抜かせるために何かできることはないでしょうか。
長文で申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Re: 赤ちゃんの緊張をほぐすには

HSさんコメントありがとうございます。お役に立てたようでよかったです。

実はパソコンが壊れていて、今日コメントをいただいていたことに気付きました。すみません。

 息子さんを心配なお気持ち、よく分かります。
私の子供にも軽度の発達障害があって、言葉が遅かったのです。
今では笑い話ですが、ネガティブ思考の妻はきっとこの子は一生しゃべれないと悲観していました。
私も当時はいろいろなことを試して、言葉が早くでるように願っていました。

 ただやはり文章だけでは、息子さんの体の緊張の原因が何なのか判らないので、なんと言っていいかわかりません。胸骨が硬い?というのが肋骨と胸骨の間の可動が悪いという意味なら、肩、ひじ、手首など腕が原因の場合と顎関節や鼻腔、頭、首まわりの問題の場合がまず考えられます。
 骨格の矯正で改善するかもしれませんが、赤ちゃんを上手に扱える先生とうまく出会えるといいのですが、私自身も赤ちゃんの整体はやっていません。なのでどんな流派のワークが有効なのか、あるいはおすすめすべきかどうかすらも責任をもってお答えできないです。カイロ、オステオパシー、クレニオセイクラルの先生でできる人がいるかもしれません。

 また、大人の場合でも、骨格や筋肉の歪みや硬直をほぐせても、本人に力を抜く方法をマスターさせることはまた別の問題である場合があります。その場合は、会話ができない赤ちゃんに手の感覚だけで会話するように導ける先生が必要になりますが、俳優や音楽家やダンサーを教えているアレクサンダーテクニークというレッスンの創始者のF.M.アレクサンダーという伝説の先生が、赤ちゃんを手だけでレッスンしている写真を見たことがあります。日本にも資格をもったアレクサンダーテクニークの先生がいますが、もしかしたらそんな神業ができる人がいるかもしれません。

 最期に参考になるかどうかわかりませんが、うちの子の話をしますと、言葉が出るようになる直前は、とても大変な状態でした。突然叫びだしたり、知らない建物や家に入ろうとするとすごく怖がったりいやがったりと、障害がたくさんでていました。検診でもいろいろ言われてある程度覚悟はしていました。
 そんな状態で夏休みに、妻の実家に彼も連れて行くことになりました。そこは自然がいっぱいトトロがでてきそうな場所でした。大きな川に面した古いつくりの家にたどり着いた時、彼は変わり始めたようでした。何のパニックもなく初めての家に入って上機嫌でした。同い年のいとこと、海に行ったり虫を追いかけたりしながら一週間ほど過ごして帰ったのですが、その帰りの電車の中で、突然2語文を喋りはじめました。それから順調に言葉がでるようになり、遅まきながら会話ができるようになっていきました。
 そのとき思ったのが、自然や環境は思っていた以上に赤ちゃんの心には大切なんだなあということでした。緊張をほぐす手がかりになるといいのですが。

 お返事を書くのが遅くてすみません。息子さんのカラダの緊張がうまくとけることをお祈りしています。



 

 








ありがとうございます

無謀なコメントながら、ご丁寧な返信をいただきありがとうございます。
長い間PCがない場所に居たため、こちらこそお礼が遅くなってしまいすみません。

やはり実際に体を触ってみないとどこが緊張しているか分りませんよね。
1ヶ月ほど前からかかりつけの小児科の先生が紹介してくれた療育センターというところで運動療法をしています。
家でも何かできればと思いコメントさせていただきました。

今のところ歩く練習はなく、毎回マッサージのように体をほぐしてくれています。
そこの先生に体が緊張している、胸骨が硬いなど言われたのですが、
何週間か通っているうちに、素人感覚ですが少し体が柔らかくなったような気がします。
寝ているときの姿勢も、横向きで体を反らしていたのが
今は少し丸くなったり、上を向いて眠れるようになりました。

無謀と思いながらも思い切ってコメントしてよかったです。
息子さんのお話、とても参考になりました。
自然や環境が何よりも心や体に響くんですね。

都会の真ん中で暮らしているので自然のある場所が少ないのですが、
たまに緑の多い公園に行って家に帰ると親子ともに笑顔が多くなりご機嫌になっていました。
気付かなかったけどそういうことなんですね。

私自身も知らないうちに心も体も凝り固まっているのかもしれません。
真面目な人ほど体が緊張しやすいんですよね、分る気がします。
それが息子に伝染しているのかも(>_<)
またこちらでも緊張ほぐさせてもらいます。

息子の方はもう少し療育で様子を見ながら、教えていただいたワークを参考にさせていただきます。

遅くなりましたが、返信コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

kazさん
コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。
2年以上前に書いたブログなのに読んで下さる方がいてとてもうれしいです。
関節の曲がる方、カーブの内側と外側の理屈に関しては、直接参考にした本は無いです。

ただ、カラダの使い方に関する本はいろいろ読みましたので、影響を受けた本はたくさんあります。
あれから2年以上たって、感じたこと、考えたことは数多くありますが、最も奥が深くいろいろなものを包括しているのは、やはり東洋医学(中国の古典医学)だと常々思わずにはいられません。
ただ基本中の基本である「黄帝内経」にしても「難経」にして一般の方には、わかりにくいと思います。私もまだまだ判っていないことも多いのですが、知識が深まるたびにそこに帰ってなるほどとうなずかざるを得ません。ヨガ、インド医学、古武道、脳医学、カイロプラクティック、日本の古武道、アレキサンダーテクニーク、高岡英夫(^_^;)、などなど現代には正しい知識も間違った知識もいろいろありますが、本質は既に2000年前の中国の書物に語りつくされていると感じます。

ただ、いろいろな本を読むことで、逆に東洋医学が判るようになるということもあると思います。本質は何なのかをいきなり知ることは私も含め、誰にも難しいと思います。正しいか間違っているかは自分のからだで感じるしかないので、わかるものから自分の感性を武器に切り込んでいくしかないのかもしれません。

ひとつ言えることは、人体は進化論的にみても、胎生学的にみても、そもそもはじめは骨も筋肉も無かったということです。パワーの源は筋肉よりも骨格よりも内臓にある、東洋医学的にいうと、五臓六腑にあるということです。

筋肉や骨格は内蔵体のパワーアップのためにあとからできたものです。内臓からいかにパワーを引き出すか、それがまず第一に知るべきことで、心臓のパワー、呼吸からくるパワー、血流がもっているパワー、消化器のパワーがそれぞれにどんな特徴があって、それらがどう筋肉や骨格を使う仕組みになっているかが原点にあるのだと思います。

あまりにも奥が深くて、私自身このブログを中断してしまいましたが、いつかまた再開して、一見矛盾にみちていて、禅問答のような東洋医学の知識を、現代のことばで読み解いてお話できればと思っています。

No title

とても興味深い話ありがとうございます。今まで力を入れる事ばかりに捕らわれて出すこと、つまりは「押す」発想を持てていませんでした。このブログを見て実践してみたところ、軽く自由に動ける感じがしました。14年間疑問に思っていた所なので、なんだかすっきりしました。

「パワーの源は筋肉よりも骨格よりも内臓にある」は全く発想もしていなかったので、びっくりでした。しかしながら、ある意味最もシンプルで、この考え方をベースにすると、無限に可能性が広がる予感を感じました。

矛盾についてもとても興味あります。作用反作用もある意味矛盾しているようにも思えるし、真実でもあります。「押す」もそう意味で考えつきにくいのだと思います。

ブログ再開たのしみにしています。それまでは現ブログを読み返しタロウ研究員の方法論をもっと理解したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。