FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸椎の仕組み

  「美しい姿勢になるには」のところで書いたように背骨は、軽やかに押し上げやすいようにゆるやかにカーブを描いていて、それぞれのカーブの外側を押し上げると、楽に姿勢を保ち続けることができるようになっています。(過去記事参照、クリック→美しい姿勢になるには
美しい姿勢をつくる筋肉


 しかし私の整体院でこのお話をすると、「胸椎(背骨のなかで肋骨がついている胸の部分)が背中方向に湾曲していたら猫背ではないか?」とか、「姿勢のいい人は背中がまっすぐになっているはずでは?」といった疑問を抱く方がおられます。

 たしかに一見姿勢がいい人は、背中がまっすぐになっているようにも見えますが、カラダには胸椎をたとえほんの少しでも、必ず背中方向に湾曲させるような仕組みが組み込まれています。ちなみに猫背にならないためには、背中をいじめて胸椎を反ることをしないで、胸を張ればよいのです。(過去記事参照、クリック→胸骨のパワー)胸椎を反ると疲れます。このお話は「美しい姿勢になるには」を見てください。(過去記事参照、クリック→美しい姿勢になるには


 どんな仕組みかというと、背骨のうしろにゴジラの背びれのようについている棘突起という骨の構造です。
棘突起

 胸椎のところでは、どんなに湾曲を胸側に変えようと力を加えようとしても、背中側の湾曲がほんの少しでも必ず残るように、この棘突起がストッパーになってじゃまをするような形で並んでいるのです。腰椎(背骨の腰の部分)や頸椎(背骨の首の部分)の棘突起は、湾曲のじゃまにはなりません。背骨が折れてしまうところまでは曲がらないようなストッパーになっています。
棘突起がぶつかる
 ためしに、骨格模型の胸椎にを力ずくで逆の湾曲を加えてみても、やはりストッパーが邪魔をして、背中側への湾曲が無くなることはありません。
胸椎の湾曲(模型)

 私たちのカラダを作った神様がいるとしたら、この仕組みを設計の段階から意図的にしっかり埋め込んでいたのでしょう。カラダのことを知れば知るほど、精妙につくられた様々な仕組みに驚かざるをえません。皆さんもそう思いませんか?


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。驚きの仕組みにぜひ一票(^_^;)。

スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。