スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃の痛み、肝臓の不調

 今日は時間があまり無いので、軽めの内容でいきたいと思います。

 背骨を押し上げる時の、押す方向について以前書きました。(過去記事参照~クリック→一瞬でやせられて、続ければどんどんやせていく方法
美しい姿勢をつくる筋肉


 もともとこのようびに押し上げるようにできているので、何かのきっかけで(前回書いた頑張らなければならない状況などで)本来のこの押し上げ方ができなくなっていなければ、自然とこういうカラダの使い方をしているハズです。(過去記事参照~クリック→頑張りすぎはカラダに悪い。)

 ただ、一か所とても間違えやすい構造をしているところがあり、そこで押し上げ方を間違えることで、胃の痛み、肝臓の不調の原因になることがあります。ココです。
胃や肝臓を痛めるカラダの使い方

 ちょうどこのあたりの左側に胃が、右側に肝臓があります。ここは、肋骨のある胸椎と無い腰椎のさかい目で、押し上げ方をココで前から後ろへスイッチしなければならないのですが、後ろから見た時と前から見たときの肋骨に位置がずいぶん違います。
肋骨の下端
胃と肝臓

 
 おそらくこの構造のイメージのズレと、前回書いた頑張る意識の陰力のカラクリ(過去記事参照~クリック→頑張りすぎはカラダに悪い。)が影響して、力む方向に力を入れて押し上げるようになってしまうのではないでしょうか?陰力で力んでいるとその部分が硬くなっていきます。
 胃や肝臓はストレスに影響を受けやすいですよね。このあたりは背中から背骨を押し上げると、それだけでスッと胃が軽くなったりすることがあります。肝臓は沈黙の臓器ともいわれる内臓なので、不調を痛みなどで感じにくいのですが、触ってみてこのあたりに張りがある人は、背中から背骨を押し上げると硬さがやわらぐことがあります。

 胃や肝臓に不調を感じたら、ぜひお試しください。

うまくいかないときはこちらを試してみてください。(→クリック


カラダの使い方研究室


   このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。胃ーっす(^_^;)。



 
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。