スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指や腕のすじのしびれ、痛み、違和感

 今日こそ、お約束どおり、指や腕のしびれ、痛みについてお話します。

 最近の若い方にはあまりピンとこないかもしれませんが、昔、「巨人の星」というアニメをやっていていました。何度も繰り返し再放送されていたので、見たことのあるひとが非常に多いのではないかと思います。そういう前提でお話を始めたいとおもいますが、見ていないという方はごめんなさい。それでも伝わるようには書こうとと思います。
 
 主人公の星飛雄馬という野球選手は、子供のころからの猛特訓のおかげで並はずれたピッチャーとして高校野球などで活躍し、あこがれの巨人軍に入団します。しかし、小柄だった彼の体格で投げる球は、プロの世界では通用しません。そこで彼は、バッターの目の前でボールが消える「消える魔球」などの魔球を開発して、プロの世界でも活躍するようになります。 
 しかし、その魔球もライバルたちによって、次々と打ち破られてしまいます。そこで星飛雄馬が最後に開発したのが、究極の超スローボールです。この魔球は、あまりにも遅い球のために、バットの風圧で絶対にクリーンヒットできないという不思議な魔球でした。
 しかしこの超スローボールを可能にするためには、子供のころから鍛え上げた筋力で、

全力投球すると同時に全力でボールをストップさせるという方法

が必要だったのです。

 こんな魔球はアニメの世界でなければありえません。全力投球すると同時に全力でボールをストップさせても魔球にはなりませんよね(^_^;)。私がこのお話を持ち出したのはこの魔球の仕組みではなく、こんな魔球を投げ続けたらカラダはどうなってしまうかを考えたかったからです。

 実は彼はこの魔球を投げ続けたために最終話で、腕の筋肉がブチッという音とともにちぎれて野球選手を引退することになってしまいます。

 魔球が可能かどうか、腕の筋肉がちぎるかは別として、

全力投球すると同時に全力でボールをストップさせたら、腕の筋肉には悪いですよね。

こんなことは、魔球を次々と打ち破られてしまって追い詰められた星飛雄馬でなければ、やろうなんて思わないとこの漫画の原作者も考えたんだろうと思います。


 でも実際は、多くの人が同じようなことをやっています。

 抵抗される陰力
 普段から腕の筋肉の内側を押し出す意識が強いタイプの人が、量や質が尋常でない力仕事や、時間に追われるような膨大な量のデスクワークなどに全力を注ごうととするとこの現象がおきてきます。
何故パソコンを使っていると肩が凝るのか?
重いものを陰力でもちあげる。
陰力で力仕事をする。

腕や肩がどんどん力んでくるのです。そんな方の腕を触ると、まるで魔球を投げ続けた星飛雄馬のようにパンパンに硬くなっています。肩もパットを入れたように盛り上がっています。

 一見鍛え上げられた頑丈な肉体のように見えますが、硬くなった筋肉は性能が落ちてしまっています。いい筋肉になればなるほど、普段はやわらかいものです。やわらかい筋肉は弛緩状態から緊張状態までの差が大きくなるので、運動に適していますが、はじめから硬く緊張していたら運動にはあまり役に立ちません。

 陰力を使いすぎるとこのような現象がおきるのです。

(陽力、陰力については、過去記事をご覧ください→カラダの使い方の法則1&2、→陽力と陰力、ストレートとジャブの仕組み

 さて、このパンパンになった腕を使い続けると、指や腕のスジにしびれ、痛み、違和感などが起き始めます。

 何故かというと、パンパンに硬くなった筋肉の中を、指や腕のスジが行き来するからです。
筋肉


 硬く詰まった砂袋の中を通ったヒモも動かし続けたらどうなるでしょう?

 ヒモは擦れて痛んできますよね。

 ですから、こういったタイプの方がひとたび腕や指のスジを痛めると、なかなか炎症が引かないのです。シップを貼っても、薬をぬっても、少し安静にしていても違和感が消えません。悪い病気じゃないかと、リウマチの検査をしたりしても異常がでないので、整体に来られるといったケースがよくあります。

 このようなケースでは、揉むと少し楽にはなりますが、すぐまた元に戻ってしまいます。カラダの使い方を変えないと根本的な解決にはならないのです。解決策はここです。→(過去記事参照→パソコンを使っていると肩が凝る理由


 もちろん他にも腕や指のスジが痛む原因はあります。頸椎の歪みなどが神経を圧迫している場合も考えられますので、まずはきちんと信頼できる医師の方などにご相談されることをおすすめします。

 次回はパソコンを使っているとき以外の陰力で腕が硬くなりやすい動きについても、簡単にふれてみたいと思います。

カラダの使い方研究室


   このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。ブチッ(^_^;)。




 
 
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。