スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力を抜く方法

 今回は、今までの流れとはちょっと違った方向から骨盤の使い方についてお話したいと思います。

 整体院に来られる方のほとんどは、日常生活のストレスやお仕事の疲れなどから、骨盤のバランスが崩れてしまっています。骨盤のアーチがうまく機能していない状態になっているのです。

 ところが、骨盤のアーチを作っていただこうとして理屈から入っても、実際は皆さんなかなか染みついてしまったお身体のクセが抜けずに、うまく骨盤を機能させることができません。

 そんな方には力を抜いてリラックスしてもらうところからはじめると、意外と簡単に皆さん骨盤のバランスを取り戻すことができます。ご自身でも気づいていない、知らず知らずにクセになっている余計な力を抜いていくと、カラダが自然なバランスを取り戻していくのです。というわけで、今日はカラダのクセを取り除いて、無駄な力を抜く方法についてお話してみましょう。


 肩が凝る。胃が痛い。疲れやすい。腰が痛いという方に、力を抜いてリラックスして座ってみてくださいとお願いすると、だいたい皆さんこんな座り方をされます。
背中だけのリラックス

 実はこの状態は、ご自身では気づいていないことがほとんどなのですが、リラックスしようとして、不自然な力が入っている状態なのです。そしてこの不自然な力が、肩が凝る。胃が痛い。疲れやすい。腰が痛いという症状の原因になっています。具体的には、こんな力が入っています。お腹などの筋肉を触診すると、緊張して硬くなっています。
バランスの悪いリラックスで入る力み
 この肩の力みが肩や背中に張りを作り、お腹をつぶすような体勢が内臓に負担をかけます。しかし、この姿勢では、この赤い矢印の力を抜くことはできません。抜くと背中側に倒れていってしまうからです。

 そして、これは立っている時にもあてはまります。こんな感じです。下腹も出てしまっています。
不自然なリラックス

この状態の時に入っている力みはこんな感じです。この力を抜いてしまうと後ろに倒れてしまうのでこの力を抜くことができません。
不自然なリラックス、立位での力み

 では、どうすれば本当の意味でリラックスした状態になることができるのでしょうか?自然なバランスで力を抜くことができるのでしょうか?


 TVなどでスポーツを見ていると、必ず最高のお手本を示してくれている場面を見ることができます。陸上競技なら、走る前にスタートラインのあたりに集まっている選手たち。サッカーならPKの笛が鳴る直前のキッカー。野球なら、ピッチャーが投げ始める前のバッターの様子。フィギュアスケートなら、自分の順番を待っている選手。ウサイン・ボルトでも、中村俊輔でも、イチローでも、浅田真央でも、誰を思い浮かべてもけっこうです。
 彼らは身体が硬くなるような緊張の時を迎える前に、それぞれがそれぞれのやり方で、身体をリラックスさせようとしています。共通しているのは、身体を動かしながら力を抜こうとしていること。身体のすべてのパーツがやわらかく動ける状態にあることこそが、バランスのとれたリラックスのコツなのです。

 スポーツの経験がある方は、自分の中でもっとも楽しめるスポーツをしている時をイメージして、実際に体を動かしてみてください。そのスポーツをしている時間のなかで、グラウンドや体育館、スケートリンク、スタートラインの前などに立っている自分になってみてください。そしてその状態のカラダの気持ちよさを感じてみてください。


 いかがですか?うまくいっていれば、筋肉のこわばりや骨格の張りなどの無い、リラックスした状態になっているのではないかと思います。

 その状態であれば、自然と骨盤の前側に体重がのっているはずです。そこが恥骨のアーチなのです。逆にいえば、そこにアーチができていなければ身体は動きません。(恥骨のアーチを使わずに仙骨側のアーチしか使わないと動かなくなります。)恥骨のアーチ構造の土台に軸がのっているからうまくリラックスすることができるのです。過去記事参照→骨盤の使い方~その2

 はじめに人形がやっていたリラックスの方法では、座っている時も立っている時も、骨盤の後ろ側(仙骨側)に体重がのっていたことが判りますか?この状態では恥骨のアーチができないのです。

 力がバランスよく抜けた状態でいることを意識していられれば、年をとって筋力が落ちても、いつまでもしゃんとした姿勢でいられます。骨格をうまく使っているので、筋力を必要以上に使わなくてもいいのです。
リラックスして立つ
リラックスしてすわる


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。よろしくお願いします(^_^;)。


 
 
スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

骨盤の使い方~その3

 今日は前回お話した大腿骨と恥骨で作られたアーチ構造の土台の上に、腸骨や仙骨が実際にどのように乗っていくのかを書いていきます。

 実は原則として腸骨と仙骨も、アーチ構造を作ってカラダを支えるように出来ています。

 腸骨も仙骨も、平べったい板のような骨なのですが、その中に比較的厚みがある部分があります。腸骨のこの部分を、弓状線といいます。
弓状線
 少しわかりにくいかもしれませんが、上の骨盤の写真から、まずむかって左側の赤い矢印と青い円をご覧ください。
 二つの青い円を比較すると、下の青い円の方が大きく、骨盤のこの部分に厚みがあることがわかるでしょうか? 
 次にむかって右側の、赤と青の矢印を見ていただくと、赤と青の矢印の下に弓状に厚みのある部分が連続しているのが判別できますでしょうか。赤い矢印のところが腸骨の弓状線で、青い矢印のところにある仙骨の厚みがある部分に続いているのです。

 こうして土台になっている恥骨のアーチの上に美しいもうひとつのアーチが骨盤の中に描かれます。
ダブルアーチ

 そしてまた、腕~肩にも同様の構造があります。くわしくはまた別途お話したいと思っています。
肩甲骨のダブルアーチ

 はじめにも書きましたがこの腸骨と仙骨のアーチ構造は、恥骨のときと異なって原則的に存在する構造です。腸骨の使い方には続きがあって、この仕組みはもっと柔軟にも使うことができるのです。このお話はまた次回・・・。


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。よろしくお願いします(^_^;)。


 


 

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

骨盤の使い方~その2

 骨盤の使い方~今日はまず立位での恥骨の役割についてお話していきます。

 原則として、わたしたちの骨盤は、恥骨と大腿骨で立つようにできています。恥骨と大腿骨で作られたアーチ構造が、わたしたちのカラダを支える土台をつくっているのです。
アーチ構造

 この力強いアーチ構造の上に腸骨や仙骨がふわりと乗っかって軽やかにカラダを動かせるように作られているのです。

 ところで余談になりますが、この構造どこかで見たことはありませんか?このブログでは何度かお見せしている図に似たような構造があります。

 実は鎖骨と同じような構造をしています。
鎖骨のアーチ

 腕は太古の昔のわたしたちの祖先の時代には、現在動物が使っているように前足として使われていたはずです。今も昔も、こうした構造は基本的には変わらずにのこっていて、わたしたちのカラダの仕組みをつくっているのですね。

 ところで調べてみると、足をあまり使わない鳥類を除いて、ほぼすべての陸上動物たちが、この恥骨を使った構造でカラダを支えているようです。あの絶滅してしまった恐竜までも同様だったようです。


 このように普遍的ともいえる恥骨のアーチ構造ですが、実はわたしたち人間は二足歩行を始めたせいで、このアーチを使うことを忘れがちです。そうなってしまうと、足腰が非常に疲れやすくなるだけでなく、腰痛や肩こりなどを引き起こす大きな原因にもなります。また、場合によっては骨盤内の内臓にも悪い影響を与えることになります。このお話はまたあらためて別の機会に書いてみたいと思っています。


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。あなたのその一票がこのブログを支える土台です。よろしくお願いします(^_^;)。

 



 

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

骨盤の使い方~その1

 連休前から公私ともに忙しくなり、更新が滞ってしまいました。スミマセン(^_^;)。

 しかしその間にも、いろいろなカラダの仕組みについての研究成果があがっています。このブログに書いていることは基本的にすべてそうですが、まず自分のカラダで感じ実験して、確証をつかんだものだけを、整体の現場に生かして、さらにその中からうまく伝えるための方法を会得したものをここに書くようにしています。いずれ、また今回の研究成果についてもお話したいと思っています。

 今回からは骨盤の使い方についてお話していきます。骨盤がうまく使えるようになると、足腰がもっと気持ちよく 楽に 美しく 強く 速く しなやかに使えるようになります。

 今日はあまり時間がないので、まず骨盤の構造について知ってもらいましょう。

骨盤4
骨盤
骨盤3

 骨盤が、仙骨と寛骨からできていて、さらにその寛骨が、腸骨と坐骨と恥骨からできていることをよくご覧になっておいてください。次回からはこの構造をどう使うとカラダがうまく使えるのかについてお話していきます。


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。今日の話題だけだとまだあまり役に立たないかもしれませんが(^_^;)。 次回こうご期待!でも今日も押していただけるとウレシイです。


胸椎の仕組み

  「美しい姿勢になるには」のところで書いたように背骨は、軽やかに押し上げやすいようにゆるやかにカーブを描いていて、それぞれのカーブの外側を押し上げると、楽に姿勢を保ち続けることができるようになっています。(過去記事参照、クリック→美しい姿勢になるには
美しい姿勢をつくる筋肉


 しかし私の整体院でこのお話をすると、「胸椎(背骨のなかで肋骨がついている胸の部分)が背中方向に湾曲していたら猫背ではないか?」とか、「姿勢のいい人は背中がまっすぐになっているはずでは?」といった疑問を抱く方がおられます。

 たしかに一見姿勢がいい人は、背中がまっすぐになっているようにも見えますが、カラダには胸椎をたとえほんの少しでも、必ず背中方向に湾曲させるような仕組みが組み込まれています。ちなみに猫背にならないためには、背中をいじめて胸椎を反ることをしないで、胸を張ればよいのです。(過去記事参照、クリック→胸骨のパワー)胸椎を反ると疲れます。このお話は「美しい姿勢になるには」を見てください。(過去記事参照、クリック→美しい姿勢になるには


 どんな仕組みかというと、背骨のうしろにゴジラの背びれのようについている棘突起という骨の構造です。
棘突起

 胸椎のところでは、どんなに湾曲を胸側に変えようと力を加えようとしても、背中側の湾曲がほんの少しでも必ず残るように、この棘突起がストッパーになってじゃまをするような形で並んでいるのです。腰椎(背骨の腰の部分)や頸椎(背骨の首の部分)の棘突起は、湾曲のじゃまにはなりません。背骨が折れてしまうところまでは曲がらないようなストッパーになっています。
棘突起がぶつかる
 ためしに、骨格模型の胸椎にを力ずくで逆の湾曲を加えてみても、やはりストッパーが邪魔をして、背中側への湾曲が無くなることはありません。
胸椎の湾曲(模型)

 私たちのカラダを作った神様がいるとしたら、この仕組みを設計の段階から意図的にしっかり埋め込んでいたのでしょう。カラダのことを知れば知るほど、精妙につくられた様々な仕組みに驚かざるをえません。皆さんもそう思いませんか?


  このブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思ってランキングに参加しています。 

←おもしろかった、役に立った、という方はぜひひと押しお願いいたします。驚きの仕組みにぜひ一票(^_^;)。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

タロウ研究員

Author:タロウ研究員
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。